『リクやん』お役立ちブログ
HOME & LIVING LIFE
お家のこと

コールマン タフスクリーン2ルームテントのサイズ感 レビュー

コロナでベランダBBQをやっているうちに、キャンプをしたいと思い・・・遂に、デビューしてしまいました(^O^)/

全く経験が無かったので、全て1から揃えて行ってます。その中で、無いとキャンプできません(笑)テントのご紹介です。サイズ感を中心にご紹介!!

タフスクリーン vs エルフィールド 

  

我が家のテント選定

結論から言うと、タイトル通り

我が家で選んだテントは「コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス+ MDX」です。

 

我が家は、大人2人・子供3人の家族構成(普通より少し多目・・・少子化には貢献してます・・・笑) なので、テントを決めるのに苦労しました。

 

選定条件

  • 家族5人が窮屈でなく寝られること
  • 設営が楽な2ルーム
  • 価格は8万円以下
  • 安心して採用できるブランド

以上の条件で探していくと、4〜5名向の物が多く、レビューを読んでも、人数表記よりも少し大きめで購入しなさい!と書いています・・・6人用って高いのしかない・・・

 

そこで、候補として上がったのが、

  1. コールマン:タフスクリーン2ルームハウス+ MDX
  2. コールマン:タフスクリーン2ルームハウス
  3. スノーピーク:エルフィールド

 

の3タイプです。全て近所のお店で、張っているのが見れる商品です。

 

 

タフスクリーン2ルームプラス

最終的には、これを購入しました。

特徴としては、天井高が高い2ルームテント。②のプラスなしの物との違いは、dark roomテクノロジーを採用していること。これは太陽光を90%カット、光を通さないので安眠できることと、夏場でも暑くなりにくい点が売りです。

また、2020年にプラスのみ、新仕様になり、寝室空間が長方形になり広くなりました!

これが、我が家の購入の決め手です!!

因みに、価格はシートセットも付けて、79,800円でした。ネットでの販売も少なく、実店舗で購入しました!!(キャノピーポールも付属です)

2ルームプラスの 展開図

インナーテントの真上からの図を見てもらうと、300×250の長方形になっています。

 

タフスクリーン2ルーム(プラスなし)

2ルームとほぼ同じ2ルームタイプのテントですが、ダークルームテクノロジーが搭載されていません。また、2020年度の仕様変更が行われていないため、寝室部分の構造と寸法が旧仕様のままです。台形型なので、寝室は少し使いづらく、狭いです。

タフスクリーン2ルーム 詳細図

寝室部分が台形になっている分、横並びで寝る際に、横幅をいっぱいに使えない形です。また、天井高も少し低い設定です。

 

こちらは、6万円程度でマットセット込みで販売されていました。ダークルームはどっちでも良かったのですが、微妙なサイズの違いがポイントでした。4人家族なら、こっちで良かったと思います。

 

エルフィールド

①②はコールマンのテントだったのに対して、こちらはスノーピーク製!

何か、いちいちオシャレで、物欲を掻き立てるブランド力をお持ちです(笑)そして、お値段が高い!私のようなビギナーには、憧れのブランドでしょう・・・

 

ただ、その前にサイズが微妙に小さい!!

エルフィールド 詳細図

寝室部分が、真ん中部分で315cm、奥行きが230cm。寸法だけ見ると、大きく見えるのですが、寝室の一番狭い部分が300cmを切る寸法で、かなり狭く感じました。

 

価格的には、本体が8万円程度、シートセットが2万円程度、キャノピーポールが1万円程度と、一式揃えると11万円!

スノーピークで5名以上用のテントを探すと、15万円(T ^ T)って感じでした!!

 

断念( ̄▽ ̄)

 

 

テント選定まとめ

我が家は、設営の楽な2ルームテントであること、寝室のスペースが5名確保できることを選定の最重点で探しました!もちろん、価格も!!

結果的に、全て実際に展示してある物を確認した上で、決めました。図面上の寸法だと分かり辛いですが、全然サイズ感違います。台形ではなく、長方形なだけですが、これが大きな違いを生んでいました。

 

後ほど、サイズ感レビューします! 

 

コールマン タフスクリーン2ルームハウス 大型 4人用 5人用 Coleman
created by Rinker
¥87,780 (2022/05/23 12:03:36時点 楽天市場調べ-詳細)

 

タフスクリーン2ルームプラス レビュー

先日、真夏の海辺にキャンプに行ってきました!!

 

デビューが灼熱地獄でビビりました・・・ですが、さすが「ダークルームテクノロジー」直射日光の下にいるのと、テントの中にいるのでは全く体感温度が違います!

 

地味に、ダークルームで良かった!!と思いました。(購入時はいらないから、安くしてくれって思ってましたけどね・・・笑)

ALPENでOutdoor専門ラインが出来ています。こちらで、同じテントの販売がありますので、チェックしてください。

アルペン公式オンラインストア

設営時間

本当に、一度もテントを張ったことない私が、前日に1度YouTubeで設営方法を確認しただけです。妻と2人で40分で設営出来ました!!

 

正直、これが遅いのか・速いのかすらわかりません(´∀`)

 

だって、初めてですから・・・撤収は1時間20分程度掛かりました。どちらにしても、あまり考えることなく、楽に設営出来たことは確かです。取説とにらめっこ、と言うことも全くありませんでした!

サイズ感

中々、掲載しているサイトが無かったので、載せます。

我が家は、大人2名、中学1年女子1名、小学3年1名、2歳児1名の合計4人家族です。300cm×250cmの寝室で、窮屈なこともなくゆったり過ごすことが出来ました!!

ただ、夜はダークルームも関係なく、暑くて暑くて寝れませんでしたけどね・・・(笑)

実際には、こんな感じ

正面から
横から

155cmが2名、80cmが1名、120cmが1名と言う状態です。私は、撮影者なので、写ってないのですが、結構、余裕がありますよ!!特に、高さ方向はゆったりです。

大人4名までは余裕ですね、5名になるとぴったりくらいでしょうか!? 

 

我が家は1名が、まだまだチビなので、コイツでちょっとの間、楽しめそうです。

  

ユニフレームで焚き火(^O^)/

 焚き火はサイコーでした!

 

使用感

夏場の日中は、「ダークルームテクノロジー」の効果が、かなり実感出来ました!太陽熱をしっかりと遮ってくれます。

 

ただ、夏場は、窓を開けると思うので、朝は真っ暗ではありません・・・窓からしっかり光が入ってきます。締め切って寝ると死んでしまいます(笑)

 

2ルームテントの特性だと思いますが、タープに比べて通気性は落ちます。風は少し通りにくい感じがしたので、開口部を風上・風下に持ってくるように工夫する必要があるように感じました!

前室・寝室共に5名で使う分には、十分な広さがあり、キャノピーも跳ね上げれば解放感も出て、最高でした! 

 

公式オンラインストア

まとめ

我が家は、5名と言う家庭環境もあり、テント選びは、結構迷いました!お金がいくらでもあるのであれば、高級な6人用のテントを買えば終わりです!!

限られた予算の中で、中々良いチョイスだったと思います。 

 

正直、図面上はそう変わらないと思っていましたが、現物を見るとかなり大きさに違いがあります!ネットショッピングされる方も、是非、現物は一度見ておいた方が良いと思います。

 

人間が入った状況で、写真を載せましたので、近くにショップのない方の参考になればと思います。

ABOUT ME
リクやん
最近、家を新築した38歳の3児のオヤジです。住宅関連業界に務める私が、仕事を離れて、自由なことを書いています!!普段、仕事では言えない、本音や私見、偏見タップリです( ̄▽ ̄) 家のプランニングやメンテナンス、暮らしに関する情報を、新築した実体験も交えてプロの視点で発信しています。その他、ビジネス関連やバスケットボール関係の商品レビューもアップしています。
リフォームは必ず相見積もりをとりましょう!

リフォーム工事は、新築工事と違い一定の基準がありません。その家ごと、依頼する業者毎に工事の提案や内容がことなります。特に、適性価格と言う物が分かりにくいものです。

リフォーム依頼の場合は、必ず3社以上の見積もりをとりましょう!

 

価格だけに拘り過ぎることは、工事の質を落とすことに繋がりかねませんが、複数社を比較することで適正な価格や、より良い提案を発見できることが多くあります。

また、既に業者が決まっている場合でも、相見積もりをとることで、金額を抑えることが出来ます。(過度の値引き要求は品質・今後の関係に響くので、注意しましょう)

【おすすめ一括見積サイトの紹介記事】