『リクやん』お役立ちブログ
HOME & LIVING LIFE
バスケットボール

本気なら「asics」!子供向けバッシュレビュー

asics公式HP より引用

遥昔から言われる「本気ならasics」!!
その言葉は今も健在で、学生でガチでスポーツをやっている子達の足元は皆んな「asics」のロゴが輝いている!? と言っても過言ではないかも知れない・・・・ほんとかな??

小学生6年生になる我が娘もasicsのお世話になり始めました!
周りでバスケに励んでいる小中学生の「asics」比率はやはり高い。8割方asicsです。
これは本当です!!
ガチなのかと言えば、本人は大真面目に取り組んでいます。実力はさておき・・・
ただ、ミーハーな娘がasicsのバッシュを選んだ訳は、サイズがないから・・・
流行りの「アンダーアーマー」やお洒落な「NIKE」ブランドは、23cmからの展開となっており、娘は21.5cm!小学校6年生なのに、147cmの背なのに21.5cm!!
小学校4年生から変わっていない気がする。

とは言え、日本人による、日本人のための、日本製の靴。日本人の足に合わない訳が無い。
デザインこそ洒落ていないものの、本気感漂わせる風貌、最高の履き心地、グリップ力と成長期の子供にぴったりの靴だそうです。

子供用の「asics」バスケットシューズのラインナップ

DUNK SHOT MB 8

ミニバス選手向けに開発されたシューズ。足首まわりの保護機能と可動性に配慮したセーフティロックシステムやジュニア専用中敷などを採用したジュニア専用モデル。
娘の子供のチームでも小学校低学年〜中学年のほとんどがこのバッシュを履いています。
バスケを始めて1足目のバッシュに最も多く選ばれているのではないでしょうか?

サイズ展開:19cm・20cm~25cmは0.5mmピッチで設定

カラー展開:5色

希望小売価格:7,590円(実勢価格で5千円代後半で購入できます)

GEL-IMPROVE

アッパーにやわらかい人工皮革を採用した足に馴染みやすい設計。ミッドソールのかかと部に衝撃緩衝性に優れたGEL(TM)を内蔵し、中敷にはクッション性に優れた成型E.V.Aを採用。指まわりにゆとりをもたせた専用ラストで、成長期の子どもの足をサポートします。とのことで、DUNK SHOTからワンランク上のプレイヤー向けのシューズとして発売されています。小学校高学年〜中学生でよく使用されているモデルです。

デザインもDUNK SHOTよりスマートなデザインに変更されています。アッパー部分の縫い目もなく、動きやすいようです。

サイズ展開:22cm~26cm (やはり少し大きな子向け)

カラー展開:黒×青、白×黄の2色展開

希望小売価格:8,800円(実勢価格で7,000円位から購入できます)

GEL-PRIMESHOT SP4

サイズ展開:22cm~26cm

カラー展開:4色

希望小売価格:9,900円(実勢価格8,000円位から購入できます)

ジュニア独自の機能を搭載したミニバス&エントリーモデル
とメーカーHPでは淡白なコメントのみの掲載です。娘はこのモデルの1シーズン前のモデルを着用しています。元々、MIZUNOのルーキーというバッシュを履いていましたが、成長と共に、サイズが小さいわけではないですが、アッパーの部分の縫い目が足にあたり、タコが出来てしまい、プレーが出来なくなりました。
このモデルはGEL-IMPROVEと同様に縫い目がなく、足への干渉面が少ないためストレスなくはけると娘がコメントしておりました。
元々、足の幅が広く、甲高の超日本人体型の娘ですが、しっくりフィットするということで、asicsは日本人受けということを本人が一番実感しているようです。
足もしっかりとホールドされて、怪我もしにくくグリップ力もそこそこあるということで、娘は気に入っております。あとは耐久性がどの程度あるか?ですね。

created by Rinker
¥5,480 (2022/05/24 09:43:37時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

asicsのキッズ向けバッシュは3種類。はっきりと入門編と中級者向けに分かれており、サイズの展開も子供の成長とバスケの上達に合わせて展開されています。
この段階に沿って、使用していくのが一番いいということではないでしょうか?
実際に、娘もDUNKSHOT→ルーキー(MIZUNO)→GEL PRIMESHOTという具合にステップアップしていますが、その度に履き心地の変化と良さを体感しているようです。
やはり、日本人の足には、日本人向けに設計されている靴が一番履きやすいのは明白で、デザインのお洒落さや流行でアンダーアーマーやNIKEを選ぶのは、成長が安定してからで良く成長期には体にあった靴を選ぶのが一番です。技術の向上にも成長にも!!

是非、試し履きの上、本気ならasicsをお子様にいかがでしょうか?!・・・
回し者ではないですよ!!

画像:asics公式HPより引用

ABOUT ME
リクやん
最近、家を新築した38歳の3児のオヤジです。住宅関連業界に務める私が、仕事を離れて、自由なことを書いています!!普段、仕事では言えない、本音や私見、偏見タップリです( ̄▽ ̄) 家のプランニングやメンテナンス、暮らしに関する情報を、新築した実体験も交えてプロの視点で発信しています。その他、ビジネス関連やバスケットボール関係の商品レビューもアップしています。
リフォームは必ず相見積もりをとりましょう!

リフォーム工事は、新築工事と違い一定の基準がありません。その家ごと、依頼する業者毎に工事の提案や内容がことなります。特に、適性価格と言う物が分かりにくいものです。

リフォーム依頼の場合は、必ず3社以上の見積もりをとりましょう!

 

価格だけに拘り過ぎることは、工事の質を落とすことに繋がりかねませんが、複数社を比較することで適正な価格や、より良い提案を発見できることが多くあります。

また、既に業者が決まっている場合でも、相見積もりをとることで、金額を抑えることが出来ます。(過度の値引き要求は品質・今後の関係に響くので、注意しましょう)

【おすすめ一括見積サイトの紹介記事】